FX 初心者 損する人 失敗する人

FX口座開設審査の不安・疑問を徹底検証!おすすめの会社は!?

FX投資を続ける上で失敗が完全になくなる事はない

初心者の頃はもちろんですが、私もある程度の利益が出せるようになってからも失敗はします。私の恩師は「スーパー」のつく非凡なトレーダーなのですが、その方でさえ現在でも失敗を繰り返す事があります。

 

結局のところ、FX投資を続ける上で失敗が完全になくなる事はないと考えるべきだと思います。完璧な人間は存在しないので、ミスを絶対にしないというのは、まず、ありえません。ミスが極端に少ない、ミスしても大ダメージは受けない。このくらいのレベルが人間の限界だと感じます。

 

ここではFXで損をする人、そして失敗をする人という事について、お伝えしたいと思います。

損失と失敗は似て異なもの

まず、損と失敗と考えると同じような印象を持たれる方が多いと思いますが、実際には損と失敗は異なる場合があります。どのような高いレベルのトレーダーであれ、損切りに合います。これは、利益を出す為の必要経費なので避けて通れません。

 

しかし、上手いトレーダーと、そうではないトレーダーの決定的な違いは損の大きさです。金額という意味ではありません。自分の資金にとって適切な損失範囲内で収まっているかどうか?という点にスポットライトを当てるべきです。

 

損する事は誰にでもある事なので別に何も問題ないのですが、上手いトレーダー達は「自分の読みが外れた。」「手法が機能しなかった。」などと判断したら損切りして逃げます。しかし、初心者のトレーダーで多いパターンは「予定より逆行しているけど、もう少し待てば順行するだろう。」などと考える事があります。

 

最悪のケースでは資金を目一杯使い切るまでナンピンを続けるケースです。この行動を取ると、かなり高い確率で利食いまで持っていく事ができますが、時として1回のトレードで破綻するというリスクを抱える事になります。

 

1度でも、この方法に慣れて癖がつくと、負け込んだりした後にナンピンを繰り返す事があります。こんな文章を書いておきながら、過去に私自身も経験していますが、ナンピンは計画的に行ったものを除いては非常に危険です。絶対に止めましょう。

 

損は必ず受け入れられるレベルにまでコントロールして下さい。勝てば資金大幅増、負ければ破綻となるような過大なリスクを取る事は絶対に避けて下さい。小さな損を繰り返しながらも正しい売買を繰り返せる人であれば必ず収益はプラスサイドに回っていくものです。

 

続いて失敗です。これも私の経験談ですが、自分の手法を手に入れたと思って意気揚々として相場に臨みますが、勝てる期間は勝てるわけです。もう有頂天になって自分がまるで天才トレーダーかのように見えるわけです。

 

しかし、その手法を使っても損切りが出ます。この時点で「あれ?何かがおかしい。」と疑念が生まれてくるのです。次のトレードくらいは同じようにできますが、そのトレードでも損切りになると「これはいかん。」となってしまうわけです。

 

すると別の手法に走ったり、その手法に手を加えてみたり同じ事が繰り返せなくなります。最終的には手法など、もうどうでも良くなってしまい手当たり次第にトレードを繰り返すようになります。1度この状態に陥ってしまうと、再び元の場所に戻ってくる事だけで大変です。迷わずFXを中止して休息を取るのが得策です。

損切りが続いたら必ず逃げて資金を守ること

休息を取れる冷静さのあるトレーダーは息を吹き返しますが、私は冷静ではなかったので口座を破壊しました。そこで気がつくのは、あまりに遅すぎるので、このようなトレーダーを嘲笑いながら、あなただけはそうならないようにして下さい。FXで調子が悪くなったら必ず逃げてデモトレードに戻る事を習慣づける事で資金を守ります。

 

損する人は大勢います。上手くなっても損は出し続けます。しかし、大きな損をしなくなってきます。それは、対処方法を理解しているからです。放置しておくと、そのポジションがとんでもなく足を引っ張る事を知っているので、スパッと損切ります。まずは無意識に損切りができるようにデモトレードで鍛える事が大事です。

 

失敗する人も私を代表に多く存在します。口座を1個2個破壊する事は思っている以上に簡単な事なのです。調子が悪い時は、まず冷静になって下さい。FXを一時的に止めれば損はしません。再び何が悪いのかを徹底的に追及する作業に入って下さい。

 

これができるだけで、少なくとも私のように口座を破壊しなくて済むと思います。ここまでやってしまうと復旧するまでに多くの時間を必要としました。必ず戻って来られるものですが、できれば遠回りは避けた方が良いと個人的には考えています。

 

PAGE TOP